日進月歩の進化をする健康成分

フコイダンは、海藻類の表面についている「ヌルヌル」を構成している物質です。 発見されたのは1913年ですが、近年になって抗癌作用をはじめとする強力な健康効果を持っていることが明らかになってきました。 抗酸化作用やコレステロール低下、アレルギーの抑制・肝臓の機能強化などさまざまな報告がなされています。 けれどもそれらの研究が始まったのはごく最近であるため、まだまだフコイダンの効能が解明されたとはとてもいえない状況です。 現在でも手探りで研究が進められており、その成果はほぼリアルタイムでフコイダン健康食品に反映されています。 主に海外で研究がなされている物質ですが、日本国内においても負けじと研究は盛んに進められています。

コンテンツ一覧

新着情報

2016年5月1日
フコイダン食品に関する記事を追加しました。
2016年3月2日
一念発起!健康になるためこのサイトを立ち上げました
ページのトップへ戻る